当院では2月下旬からいち早く、新型コロナ感染症対策を行ってきましたが、今回、これまでの感染症対策についてまとめを作成しました。

①日頃からスタッフの体調管理と朝夕の体温測定を徹底し、体調不良時の適切な処置を講じております。

②スタッフに対して医療用マスクの着用と手指消毒の徹底を行なっています。

③入室前に受診者及び業者様など全ての方にマスク着用とアルコール手指消毒を促し、来院者全ての方に非接触型体温計での体温測定の徹底を行っております。

④受付や診察室のみでなく、採血時にも飛まつ防止シートを設置しています。また、待合室や診察室の椅子やドアノブ、ボールペン、自動血圧計など人の手に触れるものはその都度アルコール消毒を行っております。

⑤待合室や点滴室、隔離室にそれぞれ空気清浄機の設置やオゾンと紫外線で除菌・消臭を行うHEPAフィルター搭載空気清浄機を設置しております。

⑥診察室が密にならないようにお車での待機や受診者が少ない時間帯への誘導を行い、電話再診なども積極的に行なっています。

⑦発熱者や長引く咳のある方、体調不良な方には事前に電話での問い合わせやネット初診予約を行っていただき、他の受診者との時間的・空間的に動線をわけ、フェイスシールド、医療用マスク、長袖ガウン、手袋を着用の上、クリニックの外の駐車場で診察、会計、処方などを行っております。

⑧下痢や発熱で体調不良な方には、他の方と隔離した別室で点滴や処置などを行なっています。

⑨内視鏡検査の患者様には体調不良な場合は延期を促し、十分な換気を行なった上で、患者様にマスク着用の上、経鼻内視鏡検査や経口内視鏡検査を行い、スタッフにはフェイスシールド、医療用マスク、長袖ガウン、手袋を着用して準備、検査を行なっています。

⑩日本医師会の「感染症対策実施医療機関」に認定されています。

また、今後もオンライン診療、タープテント内でのPCRもしくは抗原検査など検討しております。

withコロナによる新しい生活様式で医療現場も様変わりしております。受診者の皆様が安心して当院を受診できるように日々、改善を行なっております